• 介護保険ソフトの仕組みとメリット

    介護保険ソフトとは、介護事業所における毎月の利用料の請求をコンピューターで管理しシステム化する事により、日々の事務作業を効率的に進める事が出来る便利なツールです。また、現場における利用者の日々の支援記録をシステムで管理する事も出来ます。

    今までになかった介護の事務ソフトについて正しい知識を持つこと重要です。

    具体的に説明すると介護保険制度の下、利用料金は国保連合会へ毎月請求する作業があります。
    また、利用者の自己負担分も請求する為、多くの事務作業があり施設系の大人数の入所者になると膨大なレセプト作成に追われます。介護保険ソフトは現在多くの企業が手がけて商品化しており、法改正があっても保険ソフト会社で対応してくれるので、導入した施設や事業所は特に問題はありません。

    朝日新聞デジタルに関してとにかく簡単に調べられます。

    また、保険ソフトシステムは2種類あり、事業者や施設側でセキュリティーを組み、サーバーで一括管理する方法とインターネットを通して管理するシステムがあります。



    導入の料金も月額定額制のものから、リースまであるので特にまとまった資金がなくても導入する事は可能です。
    現場スタッフの支援記録も普段使用頻度が高い記録内容は、そのカテゴリー毎にマスターを作成し簡単入力も可能で、パソコン入力だけではなく、タブレットからもワンタッチ入力が可能となっています。


    また、バイタルチェックなどの医療情報も連動しており、利用者毎の健康管理もグラフ化に出来て、日々の健康状態が一目で分かります。その他にもケアプラン作成もシステムに入っており作成業務もスムーズに進みます。

    介護保険ソフトを導入すれば、今までとは全く違う仕事のスピードで業務効率が格段に上がります。


    今では殆どの施設や事業所で導入している素晴らしいシステムと言えます。

  • 知っておきたい情報

    • 介護事業所で人件費を減らしたいと思ったときにおすすめなのが介護保険ソフトの導入です。介護保険ソフトを導入すると様々なメリットがあります。...

  • ITコラム

    • 高齢化社会が益々進む日本における対応策として平成12年4月に施行された介護保険法は、現代社会において高齢者を支える重大な役割を担った社会の礎となっています。高齢者介護業界のますますの発展や新しい事業所の開設、既存施設の質の向上や職員の待遇改善など、望まれている展望と合せて抱えている問題も山積みの状態であります。...

  • 身になる知識

    • 超高齢社会に突入した日本においては、今後ますます増えていく介護が必要な高齢者対策に待ったなしの状態が続いています。高齢化が進む日本の将来を見越して平成12年4月に介護保険法が施行されました。...

  • 1から学ぶ会社

    • 高齢化社会が進む中、介護事業の需要が非常に高まっています。年齢が上がるにつれて、身体的な変化が現れてくることは誰にでもあることですから、自力で生活が送れないような場合や、誰かの手伝いが必要な方の生活をサポート出来る素晴らしいお仕事です。...